香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦しの達人

f:id:shusaku1:20191215001912j:plain

 

土曜日の今日は、

 

午後からずっと、コースを勉強して過ごした。

 

テキストを読み、ゲイリーの4冊目を読み、

 

いくつかの過去の講義映像を見ながら、

 

主要な内容をワードにまとめていった。

 

最後には、ハートと神を感じる瞑想をしてフィニッシュ。

 

 

こんな僕だが、

 

実践ばかりではなく、ちゃんとお勉強もしているのだっ!

 

どうや、、エライやろ!(⇚ 一体誰に言うてんねん!)

 

 

というわけで、

 

夜、演歌同盟の友達と、近くの火鍋屋で鍋をつついた。

 

途中、氷川きよしのビジュアルが美しく変貌した話や、

 

石川さゆりが今年も紅白で〝越えて〟くれるか、といった

 

そんな他愛もないことを、あれこれ話しているうち、

 

突然、ものすごく幸せな気持ちに包まれた。

 

神が在るのだな、と思った。

 

 

 

f:id:shusaku1:20191215001917j:plain


と、話は変わって、

 

すでに、コースを学び始めて5年半になるが、

 

ここへ来てようやく、赦しとは、文字通りに赦すことだ、

 

という、シンプルな境地に至った次第である。

 

 

過ちを認識する、とか、聖霊に明け渡す、とか

 

罪のなさを見る、とか、神を思い出す、というような、

 

様々な赦しのプロセスを経て、最後に行きついたのは、

 

書いて字の如し、ただ〝赦す〟、それだけだった。

 

敢えて〝赦す〟の前に何か文字を付け加えるなら、

 

無いものを赦す、となるだろうか。

 

 

赦すの意味を国語辞典で調べてみると、

 

咎め立てしないこと、差し支えないと認めること、

 

手放すこと、自由にさせること、責めないこと、であった。

 

 

しかし、〝赦す〟という文字の通りに赦す、という、

 

単純な赦しを理解するためには、上記に書いたような、

 

聖霊と共に見ていくことや、神だけが実存であることや、

 

ここが夢の世界で実在ではないことが、

 

しっかりと入っている必要がある。

 

 

ああ、これからは、何があってもただ赦してゆくだけだ。

 

そのことが〝真に〟分かってくると、心が安らかになり、

 

夢の現実に対する恐怖が消える。

 

あの、僕の天敵である月イチの部門長会議でさえ、

 

怖くはなくなった。(⇚ と思う。多分…。)

 

 

たとえ攻撃された、と思えるようなことが起こったとしても

 

それは夢で本当ではないのだから、赦せば消える。

 

赦せば赦すほど、聖霊が時空を取り消してくれるし、

 

赦せば赦すほど、神を感じられるようになるだろう。

 

そして、他者を赦して、赦されるのは、僕自身なのだ。

 

 

赦すことで、夢の現実を放棄するのだ。