香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

秋を味わう

f:id:shusaku1:20201108015037j:plain

 

20年使っていた乾燥機が壊れてしまった。

 

昨夜、洗濯物を乾燥機に入れ、

 

動かしたときには、ガタゴト、ガタゴト、と、

 

一生懸命回ってくれていたのだが、

 

しばらくして見てみると動かなくなっていた。

 

音もうるさいし、蒸気が部屋に籠るので、

 

とっくに買い換えていてもよいはずなのに、

 

なぜか愛着があって捨てられなかった。

 

また、

 

20年間も僕に寄り添ってくれてたんだな、

 

と思うと、切ない気持ちで一杯になった。

 

こういう白物家電って家具やテレビと違い、

 

実際に音を立てて作業をしてくれるので、

 

いつも僕に寄り添い、

 

助けてくれているように感じるのだ。

 

 

乾燥機殿、20年間本当にありがとう、

 

そして、長い間お疲れ様でした。

 

f:id:shusaku1:20201103191103j:plain

 

という感じで、

 

土曜日は大半を家で過ごした。

 

午後は久々に創作に専念した。

 

今、フェチを題材にした物語を書いていて、

 

香港に住む若くて美しい日本人の男女が、

 

とある秘密結社に雇われ、

 

中国特権階級の人たちが求める、

 

あらゆるフェティッシュの欲求に応えていく、

 

というもので、自分的にかなりの意欲作だ。

 

表現は非常に過激で、18禁間違いなしだが

 

一つのフェティッシュの物語が完結する毎に

 

無限の全体へと導かれるようになっている。

 

とにかく書いていて楽しい。

 

登場人物それぞれのキャラが立っていて、

 

勝手に自己主張して動いて行ってくれる。

 

こういう時は、神が降りてきている。

 

中国語で書いているので、

 

完成してから日本語へ翻訳していくつもり。

 

 

その後、夕方に、一時間ほど瞑想をした。

 

背後の真の存在(本当の自分)へ全て委ね

 

ハートのエクスタシーの流れに身を任せる。

 

あの人もこの人も、あの望みもこの望みも、

 

全部素粒子として〝そこ〟に存在している。

 

今ではもう、ほれほれ、おいおい、みたいな

 

自我男のささやきに邪魔されることも無い。

 

 

夜の九時ごろ、散歩がてらジムへ行った。

 

一時間、みっちり胸を鍛え、ランニングの後

 

バランスボールで腹筋をしてフィニッシュ。

 

徒歩10分で帰宅できるので、

 

家でシャワーを浴びなおす必要もない。

  

もう、

 

勝手にプライベートジムだと妄想している。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

で、今は深夜零時を少し回ったところ。

 

これから、WOWWOWシネマで放映される

 

去年のアカデミー賞を受賞した韓国映画、

 

〝パラサイト 半地下の家族〟を観る。

 

キンキンに冷やした白ワイン片手に、

 

晩秋の夜長をしみじみ楽しむ。