香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

今の強烈

f:id:shusaku1:20210828034521j:plain

 

 

世界が次々に姿を変え、過ぎ去ってゆく中で、

 

背後にずっと変化せずに流れている〝平安〟に

 

意識を委ねながら毎日を過ごしている。

 

それが、兄貴に任せる、ということなんだな、と、

 

またまた理解が起きている今日この頃である。

 

 

「明日も仕事かあ。いやだなあ」

 

「日本へ帰国するにも手続きとかウザいなあ」

 

「寒くなる季節に完全帰国とか、哀愁すぎるっ」

 

と、少しでもジガ男のささやきが聞こえてきたら、

 

即座にジガ男ごと、背後の平安へ背負い投げ、

 

ジガ男も一緒に連れてゆく。

 

 

f:id:shusaku1:20210828034512j:plain

 

 

また、平安に委ねるには、

 

今この瞬間に気づいていることが不可欠だ。

 

なぜなら、平安は常に今この瞬間に在るからだ。

 

そもそも僕達は今この瞬間にしか存在できない。

 

いくら、過去を後悔し、未来を憂いでみても、

 

その事を考えているのはやっぱり今この瞬間だ。

 

だから、僕たちは、今から逃れることができない。

 

それはまた、常に平安でしかあり得ず、決して、

 

神から離れることができないことをも意味する。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

しかし、僕たちはいつも、

 

今この瞬間に在る平安に抵抗している。

 

「今、これを我慢したら、将来ええ事あるでえ!」

 

「今、そんなことしたら、スッカラカンになるで!」

 

「今のままやったらアカん!もっと頑張れ!」

 

「今それ食べたら、太るでええー!」

 

こんな今はイヤや、今の自分が嫌いや、と、

 

今を我慢し、今の自分を無視し、未来に賭ける。

 

そのくせ、

 

「兄貴、私は平安を選びたい」とやっている。

 

 

 

強烈に今この瞬間に開いて、

 

不変の平安の流れに身を委ねていると、

 

時間が横並びではなく、眉間から前後に伸びた

 

〝縦軸の点〟のように知覚されてくる。

 

この〝今の点〟の中に、過去や未来の自分、

 

全てが内包されているように思えてくるのだ。

 

 

なんか、9月に入ってますます強烈に、

 

春が息吹くような、平和でありながらも、

 

ワクワクウキウキした歓びの感覚が、

 

意識の中に流れ続けているのを感じている。

 

その息吹の中で、もっと先へ進め、と促される。

 

 

状況は新たなフェーズに突入した。

(↑ 尾身会長かっ!)