香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ほら、これがお前だよ!

f:id:shusaku1:20210831004819j:plain

 

 

以前の記事でも書いた、

 

イラっとさせられる人、いちいちカンに障る人、

 

いつも一言多い人、微妙にウザいヤツ、など、

 

これって全部、愛に変わりたくて出てきた、

 

自分の中にある別の側面なんだ、

 

という認識が深まるにつれ、まるで世界が、

 

自分だけでできているように知覚されてくる。

 

 

f:id:shusaku1:20210831004539j:plain

 

 

例えば、僕は至って礼儀正しい人間なのだが、

 

挨拶しなかったり、場をわきまえない人に対して、

 

なんやこいつ、となったりすることがよくある。

 

こんな時、

 

礼儀正しい自分によって裏側に追いやられた、

 

ざっくばらんで自由な側面の自分が、

 

俺もお前の中にちゃんと愛として存在しているよ

 

と、他者を通して現れているように見えるのだ。

 

例えば、天使のように無垢で優しい女性が、

 

ゲスの極みのような男を好きになったりするのも

 

彼女の中に眠る、自分も知らないゲスい側面が、

 

「ほら見て!私も愛としてここに存在しているよ」

 

と、ゲスい彼氏となって会いに来ている。

 

また、人を非難したり批判したくない、という人も、

 

本音では滅茶苦茶非難したいと思っているのに

 

人の非難なんかしない、清廉潔白な自分を、

 

(無理やり)前面に押し出し続けた結果、

 

俺のことも見てくれよ、と、自分が他人となって、

 

めちゃくちゃ自分に非難を浴びせてくる。

 

f:id:shusaku1:20210831004549j:plain

 

 

自分の内面には、

 

ゲスな部分、狡猾な部分、ビビりな部分、など、

 

表面の自分には分からないあらゆる側面があり

 

その中で、自分が良しとしない側面を、

 

こんなの要らない、見たくない、と抑圧した結果、

 

その愛に変わりたい思いが、眼前の他者から、

 

「ほら、これがお前だよ」と差し出され続ける。

 

それを見て、私は人を非難したくありません、

 

と、そういうのを延々やっている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

このループを止めるには、

 

出てきたものを自分だと認め受け入れること。

 

そして、人を嫌っても非難してもいいのだ、と、

 

許可を与えてやることだ。

 

なぜなら、その想いも愛の一部だからである。

 

気づかれ、見つめられ、感じられたことで、

 

赦された側面は愛として消えてゆくことができる。

 

 

僕の経験上、どんなエグイものを感じても、

 

罪悪感まみれになったり自己嫌悪にはならない。

 

それが愛だと分かった時、

 

感謝の想いが大手を振って戻ってくる。