香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神が顕われた世界

f:id:shusaku1:20201220031718j:plain

 

以前の僕は、

 

個の自分なんて存在しないんです、

 

全体(実相/一なる神の子)しかないんです、

 

肉体の自分が故郷へ還るのではないんです、

 

という観点から、この星谷周作という自己は、

 

幻想で無なので、それは消えてゆくべき存在だ、

 

と、考えていた。

 

もちろん、

 

星谷周作は幻想であることに変わりはないが、

 

ただ、そう思う一方で、

 

じゃあ、好きな歌手の歌を聴いて号泣している

 

自分もまた無なのか、

 

恋人やパートナーや息子や娘を、

 

たまらなく愛おしく思うのも分離なのか、

 

心のこもった料理を食べたときに感じる喜びも、

 

自我から来ているものなのか、

 

もっと言うと、誰が赦しを実践しているのか、

 

肉体である個の自分が幻想なのであれば、

 

一体、どこにいる誰が、

 

愛を感じて歓んでいるのだろう、と、

 

疑問に思っていた。

 

 

そして、無限の全体に繋がった本当の自分は、

 

すでに個の肉体の自分ではなく、愛そのものので

 

全一な存在だったことを思い出すにつれ、逆に、

 

肉体としての個の自分も全部ひっくるめて、

 

神の顕れだったんだ、という理解が起こった。

 

いたるところ、神が〝顕われ〟ている。

 

だから、肉体なんて幻想で実在ではない、

 

だから何を感じてもそれはない、とやってしまうと

 

神の顕れを拒絶することになり、余計苦しくなる。

 

f:id:shusaku1:20201220031741j:plain

 

僕の場合、

 

個の自分を、夢の中に顕われている神だ、

 

と捉えるようになってから、すごく楽になった。

 

個の肉体として苦しんでいるように見えている、

 

一切の葛藤や苦しみも、神が顕れているんだと、

 

優しく無限の全体へと返してゆけるようになった。

 

少なくとも、自分に優しく寄り添えるようになった。

 

すると、普段目にするあらゆるものの背後から、

 

神の光を目撃するようになった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

とまあ、そんな感じで、連休4日目もまた、

 

夜通し、映画を観たり、小説を書いたりして、

 

眠ったのは朝の6時だった。

 

それから、午後3時に起きて、うだうだしている。

 

こんなの一人暮らしでなければ絶対不可能だ。

 

そういう意味で、

 

人の目や思いを一切気にしなくてよい空間を

 

確保するために一人暮らしをしている気がする。

 

外で何があっても家に戻ればリセットできるから。