香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

今、ここにある過去

f:id:shusaku1:20210316002156j:plain

 

 

自分が今見ている現実の映像は過去なんだ、

 

自分は今、過去の映像の中を生きている、と、

 

しみじみ感じながら佇む初春の夜である。

 

自分が過去に思った〝想い〟が今現れていて、

 

それはすでに決定済みのものだ。

 

であれば、

 

〝今〟をいじっても無駄だということになる。

 

 

これはまた、別の言い方をすると、

 

今、自分の心の中で何をどう〝感じる〟のか、

 

今、どんな意識状態で在るのかが、

 

少し先の〝今〟に、

 

顕われてくるということでもある。

 

 

だから、前側に現れる過去の想いの化身を見て

 

不安や恐怖や怒りを感じるのではなく

 

常に見えない側に意識をむけていること、

 

背後の領域を、

 

優しい愛の想念で満たしてやることが、

 

とても重要になってくる。

 

でないと、

 

〝過去に感じたことの結果〟である映像を見て

 

ふたたび、過去と同じような感じ方をすれば、

 

再度同じ映像を

 

繰り返し見るハメになってしまうからである。

 

 

なので、日常(今見ている現実の映像)の中で、

 

不安、恐怖、怒り、やるせなさ、などを感じた場合

 

先ず、これは過去に感じた自分の思いが、

 

今、現れている結果にすぎないことに気づいて、

 

意識をさっと背後の無限の全体側(内側)へ向ける。

 

それが、

 

神を思い出している、神に気づいている状態である。

 

 

僕の場合、

 

起こっている映像を見て嫌な気分になった時、

 

誰かから優しくされた時の感謝の想いや、

 

楽しい時を過ごしている時の歓びの感覚、

 

美味しいものを食べた時の至福感を思い出し、

 

それを呼び水として、背後の神へと向かう。

 

その愛の感じ、神に愛されている感じが、

 

やがて、背後(ハート/見えない側)を通って、

 

現実のスクリーンの裏側から顕われてくる。

 

現実を変えるためにそれをするのではなく、

 

神が在る感じを認識するためにやる。

 

まあ、その甲斐あってか、

 

僕が見ている〝過去の今〟の映像には、

 

優しい父や兄貴の愛が満ちている。

 

 

f:id:shusaku1:20210316002208j:plain

 

 

というわけで、香港もだいぶ暖かくなってきた。

 

長そでのワイシャツ一枚でちょうどいいくらい。

 

今日、タイムズスクエアのGUCCIで、

 

ドラえもん入りのバッグや靴を売っていた。

 

大金はたいて一体誰がこんなの買うんだろう、

 

と思いつつ、これを持ったらウケるかな、

 

と、一瞬欲しくなった自分に怖くなった。

 

これも、

 

過去の自分の想念が今、具現化されているのか。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com