香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

両手で戻る

f:id:shusaku1:20210509020946j:plain

 

 

今日は、

 

スマホの表面に保護フィルムを貼ってもらいに、

 

ワンチャイまで行ってきた。

 

帰りに、近くに住む香港人の友人を呼び出し、

 

リートンアベニューでランチをした。

 

キンキンに冷えたドイツの生ビールと、

 

ハンバーガーのランチ、ああ、至福すぎる!

 

でも、マクドのハンバーガーとかなら、

 

そのまま、かぶりつけばいいが、

 

こういうハンバーガーってどうやって食べれば

 

いいのかがイマイチわからない。

 

 

それから、おしゃれスポットとして有名な

 

リートンアベニューも、閉まっている店が多く、

 

やはり、飲食業は大変なのだな、と実感した。

 

f:id:shusaku1:20210509020958j:plain


 

 

というわけで、両手で神を知るシリーズ第3弾!

 

(まだやるんかいっ!)

 

で、土曜の昼間からドイツビールでぷっはー、

 

となりながら気づいたのは、

 

スピでよく言われる〝手放す〟というのは、

 

くっつけ合っていた両手を離す(放す)、

 

という意味なのではないか、と思ったのだ。

 

 

両手をくっつけ合っていることで、

 

思いの押しくらまんじゅうが起こり、

 

ハンドウェーブで思いが行ったり来たりする。

 

なので、意識を手首側(背後側/自分側)へと

 

向けていくことにより、合わさっていた掌が離れ、

 

世界が消滅してゆく。

 

そういえば、合掌しているときって、

 

互いの手を押し合うことで成り立っているし、

 

絶対にどこかに力が入っている。

 

いわば、

 

合掌を解くことが抵抗をやめることなのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210509020934j:plain


 

 

そして、自分が先手となって動いている意識、

 

背後の見えない世界がメインとなっている状態、

 

自分が選択したことはどんなことも神の選択だ、

 

と、自信を持って知覚できている日常こそが、

 

両手を離している状態、合掌を解いてる状態、

 

世界を赦している状態なのだ、と言える。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

 

ひとつ前の記事で、

 

ふうさんもコメントされているように、

 

肉体の構造もそうだけど、この世界って、

 

すべて神の模造なんだ、と思った。

 

なので、戻ってゆくときは、

 

見えているものから始めるのもアリだな、

 

と感じた。