香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

素粒子を意識する

f:id:shusaku1:20201024022310j:plain

 

最近、CS放送の MONDO TV で放送されている

 

『怪談テラーズ』という番組にハマっている。

 

怪談師と呼ばれる人達が怪談を披露するのだが

 

これがなかなか怖くて面白い。

 

放送が深夜なので、つい夜更かしをしてしまう。

 

それで、昨夜も、夜中の2時まで起きていた。

 

f:id:shusaku1:20201024022247j:plain

 

昨日の記事で、

 

自分の肉体や、空間のあらゆるものが、

 

粒子にまで分解され、細かい波のようになって、

 

自他との境界が無くなる、という話を書いたが、

 

今日は、

 

その粒子の波を意識しながら過ごしてみた。

 

 

周囲に存在する人や物体というのは、

 

肉眼で見ている限りは、固くて重量があり、

 

とても変化させがたいもののように思えるが、

 

粒子の波を意識しながら景色を観察すると、

 

あらゆるものが同じ素粒子の粒でしかなく、

 

波打って揺らいでいるように見える。

 

なんていうか、霧のように、もわもわっとした、

 

柔らかい流れのように捉らえられてくるのだ。

 

 

こうして夜、

 

静かなリビングで一人佇んでいると、

 

周囲の空間が波打ち始めた。

 

この時思ったのは、足立育朗氏が言うように、

 

もし、陽子が愛であり意志で、

 

中性子が調和であり意識であるのなら、

 

僕たちを形作っている全ての素粒子は、

 

愛と調和でできていることになり、

 

僕たちが、愛を意志し、調和を意識すれば、

 

素粒子がざわざわざわっと動いて、

 

愛と調和が物質化されていることになる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

目を閉じ、背後の無限の全体に意識を向ける。

 

いつものように、

 

歓びが流れる神の場所にアクセスする。

 

完璧な愛を感じながら、素粒子を意識してみる。

 

自分も、他者も、家具も、空気も、過去も、未来も

 

ただの素粒子の波となり、

 

物体間の境界が消失する。

 

無数の細かい〝ヒモ〟がボウフラのように、

 

わさわさと振動しながら寄り集まって、

 

物質のようなものを形成しているという感覚…。

 

うまく説明できないのだが、

 

自分が発した愛や感謝の意識が、

 

素粒子の波をざわざわと揺らし、

 

全てに波及してゆく感じがする。

 

 

こうしていると、愛や感謝の想いだけではなく、

 

怒りや、不安や、悲しみといった負の感情でさえ

 

愛でしかなかった、と理解されてくる。

 

なぜなら、僕たちがどんなに苦しんでいる時でも

 

素粒子たちは僕たちを生かそう生かそう、と、

 

絶えず働きかけてくれているように

 

思えるからだ。

 

 

素粒子や量子については、

 

ナショナルジオなどの番組を見るくらいで、

 

学術的にはほとんど理解していないのだが、

 

僕の体感としては、素粒子って、なんだか、

 

すごいことをしているように思えるのだ。

 

shusaku1.hatenadiary.jp