香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

フォトンを飛ばせ!

f:id:shusaku1:20210509214409j:plain

👆 近所のロースト屋さん。週に3回はここで、

  夕食にチャーシュー焼き豚弁当を買う 。

  2種類のロースト肉とご飯で400円くらい。

   

 

 

 予想通り、

 

5月も、あっちゅーまに過ぎ去ろうとしている。

 

今週いっぱいで支払い関係をすべて完了すれば

 

原則、20日以降は自宅勤務となる。

 

まあ、今回は引っ越しをせず、6月以降も、

 

同じアパートに住み続けるのでラクなのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

今日、通勤電車の中で、物理学者が解説する

 

量子もつれに関する動画をYOUTUBEで見た。

 

数年前にも、モーガンフリーマンの番組で、

 

量子もつれを紹介していたが、

 

今回、動画を見ていて腑に落ちたのは、

 

自分が背後へ向けて放った愛のフォトンが、

 

自分の前方にいる相手の背後に到達して、

 

そこから自分へ向かって放たれてくる、

 

というイメージは、量子もつれによる現象であり、

 

本当に起こっている事なんだ、という驚きである。

 

 

👇 これは数年前に僕がアップした動画

www.youtube.com

 

一度ヒモ付けされ、関係性を持った量子同士は、

 

何千年経とうが、月の裏側であろうが、

 

時空に関係なく結び合ったまま再び関係しあう。

 

生まれ変わって、また同じ人と巡り合ったり、

 

せっかく転職したのに、また似たような、

 

嫌な上司に出くわしたりするのは、

 

この量子もつれが作用しているからだという。

 

 

また、何かを感じたり、思ったりすると、

 

細胞のDNAの電子雲から、素粒子のフォトンが

 

放出され、それが量子もつれとなって、

 

もう一方の素粒子と作用しあうという。

 

 

そういう意味で、

 

僕たちが日ごろ何を感じているか、

 

どういうフォトンを飛ばしているかが、

 

決定的に重要になってくる。

 

この時に注意することは、

 

何を〝感じて〟いるか、であり、

 

何を〝考えて〟いるかではない、ということだ。

 

「こういう時はこうやるんだったよね」とか、

 

「いやいや、私はやっぱり愛なんだあ」というような

 

やり方とか、言い聞かせではない、ということである。

 

 

f:id:shusaku1:20210509214355j:plain

 

本音では、それをしたいのに、

 

こんなことしたらお金が無くなる、とか、

 

何か言われたら嫌だから止めとこう、

 

こんなの無理に決まってる、

 

といったフォトンを出すことで、

 

それに関連付けられた量子もつれが起こる。

 

 

そういえば、僕もまったく無意識ではあったが、

 

愛や感謝のフォトン、大好きフォトン、

 

全肯定、全許容フォトン、を、体中の細胞から、

 

放出しまくっている気がする。

 

 

本当にマジで世界が変わるよ。

 

自分の見ている世界が優しくなる。

 

みんな優しい。世界に大好きが溢れている。

 

もう、自分の選択に対する大丈夫感が半端ない。