香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢を見ている者

f:id:shusaku1:20211016021820j:plain

 

 

13日水曜日は台風一過で会社は休みだった。

 

10月に台風が2回も来るなんて本当に珍しい。

 

やっぱり地球の温暖化が進んでいるのかな。

 

また、明日14日も重陽節の祝日なので、

 

結果的に2連休となった。

 

お陰で、会社へ出社する日が少なくなり、

 

これも、兄貴の采配なのか、と感謝である。

 

 

残りの会社勤めは一週間と少しとなったが、

 

ホント、時間の経つのが遅い。

 

〝部下の女性から責められ事件〟を思い出し、

 

休日でも、みぞおちがビュンビュン騒ぐし、

 

何より、毎日、出勤するときに、小さな箱の中に

 

ギューッと押し込められるような窮屈さを感じて、

 

すっごく気分が悪くなる。

 

オレ、もうマジで会社員無理やわ、と心底思う。

 

 

どんなに、毒素のような不快感を感じていても、

 

どんなに、罪悪感でみぞおちを震わせていても、

 

そんな自分をどうにかしようとはせず、

 

大好きだよ、大丈夫だよ、愛しているよ、と、

 

ただただ、自分の内側へと愛を送り続ける。

 

自分に寄り添う優しい愛の意識でいる。

 

誰よりも自分の味方になって愛を送ってやる。

 

なぜなら、神ならきっとそうすると思うから…。

 

それから、

 

兄貴と一緒にただ、感じるままを見過ごす。

 

 

f:id:shusaku1:20211006003248j:plain



 

また、少しでも気が楽になることをさせてやる。

 

ジムに行って身体を動かす?

 

➡いまはそんな気分じゃないな。

 

じゃあマッサージにでもいくか?

 

➡出社最終日の夜に行きたいな

 

友人を誘って飲みながら愚痴でも聞いてもらう?

 

➡余計嫌な気分になるからやめとく。

 

丁寧に自分に訊ねてやる。

 

結局、近くのカフェで、白ワインを飲みながら、

 

静かにアニータの本を読んでいたい、

 

となったので、身支度をして出かけて行った。

 

 

罪悪感に触れて、みぞおちが騒いでいる時に、

 

これは起こってない、世界は無い、とやっても、

 

余計キツいだけだと月曜で実証済みなので、

 

ただ自分をいたわり、愛を送る休日を過ごした。

 

一日一日、この一瞬一瞬、自分に愛を送り続け、

 

何かに感じまくっている自分のさらに奥で、

 

静かに凛として佇む、変わらない自分として、

 

気づいている意識で存在し続ける。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕は実践に関しては超スワットなので、

 

オフィスでガンガンそんなことばかりやっていたら

 

だんだんヘンな感覚になってきた。

 

 

夢を見ている主人公である僕の前で、

 

なにやらおしゃべりしているスタッフたち、

 

僕が見ている夢の世界で仕事をしている総経理

 

僕が創り出した映像の中で、飯食ってる人、

 

というふうに、

 

自分と映像で起こっていることが切り離され、

 

自分が夢の目撃者としてその映像を見ている。

 

自分が創った自分だけの映像の中で、

 

誰かと誰かがうわさ話をしあっている、

 

しかし、自分は夢の目撃者なので、

 

その中には入り込んではゆけない、

 

というふうに捉えられてくるのだ。